大丈夫!必ず英国ビザ取得できます!!Pre-settelment statusビザ取得には紙の申請書が必要です。

この記事を書こうと思ったきっかけ

以前に引き続き、また随分と待たされましたよ。。。

Pre settled status ビザ取得に6ヶ月と19日を要しました。。。

とにかくイギリスのビザは大変、複雑、かつ時間がかかるということで、その覚悟を思い知ったのが去年。
ブレクジットでEUを離脱したイギリスは、「移民を入れまい入れまい」とビザ手続きをどんどん複雑にしているようです。

やっとの思いで、EUSSという半年間のイギリス滞在許可証(ビザ)をゲットしましたが、次の段階のビザ取得も、なかなかの時間がかかりました。

本当に飽きてれしまうくらい、イギリスのHome Officeは適当ですね。

そして、私たちを待たせることは、お構いなし。

「主張できない者、イギリスに住むことなかれ」と言われている様でした。笑

でも今回は、家族とは離れることなく、夫に側で手助けしてもらいながら、申請から取得ができたので、その点はまだ良かったのかな、と思います。

引き続き同じような境遇の人のお役に立てれば、、という気持ちと、5年後に迎える次のビザ申請のための自分への励ましとして記録に書き残すことにします。

今回やるべきこと

前回のブログに引き続き、EU Settlement Scheme Family Permit(EUSS)でイギリスに入国しましたが、このビザは6ヶ月間しか有効期限がありません。

なので、EUSSの有効期間中に次のステップのビザを申請する必要があります。

その名もEU Settlement SchemeのうちのPre Settlement statusというビザです!

自分たちで取得してみることにした経緯

私は「今回は最初から日本のビザ代行会社に頼もう!!」と思っていたので、張り切って夫に依頼料を見せてみました。

鶴子
鶴子

今回は安心のために、£◯◯で日本の代行会社にお願いするね!

夫

?!ちょっと待って。そんなにするの?

鶴子
鶴子

そうだよ。安心と安全は高いんだよ。

日本の信頼はこのくらいなんだよ。

夫

。。。。

鶴子ちゃん、まずは自分たちの力でやってみない?

イギリスパスポートを取った時、僕は全部自分でやったよ。

鶴子
鶴子

そうなの?でも前みたいに不安な時間を過ごすのはもう嫌だよー。Home Officeは信用ならんし。

自分で払うから心配しないでよ。大丈夫だよ。

夫

いやいや。そういうことじゃなくて。

まずは自分たちで頑張って申請してみて、もしダメだったら、頼めばいいじゃない?僕自信あるよ!きっとうまくいくよ!

鶴子
鶴子

うーん。(申請後の代行会社の依頼は難しいんだけどな。。)

夫

ね!大丈夫。僕がいるから♡

代行会社に依頼したら、値段が高いのは当然のこと。
全部を任せて、私のビザを代理人になって取得してくれるのだから。
安心はお金で買いたい、日本人の私のです。

だけれど以前のビザの取得のせいで、久しぶりに会った夫の意見も少し尊重しないといけないな、、、と思い、彼の変な自信に押され、ひとまず自分たちの力でビザ取得に挑戦することにしたのでした。

EU Settlement Scheme とは

EU諸国やスイス国籍者、またはそれらの国籍を持つ人と結婚した者は基本的に全ての人が、取得する必要があるビザ。
(例外があるので、取得の必要のない人もいるようです。GOV.UKのHP参照)

EU Settlement Schemeには以下2つの種類のビザがあります。
ステイタスの違いは、EU Settlement Schemeを申請する前のイギリスの滞在期間です。

EU Settlement Scheme
Pre-Settlement Status Settlement Status

Pre-Settlement Statusとは

このステイタスビザを申請するのはイギリス滞在が連続して5年未満の人が対象です。
取得すると、以下の資格が与えられます。

  • 就労許可
  • NHSの無料の医療サービス
  • イギリスでの教育
  • 年金などの社会保障
  • イギリス国内外への渡航

申請料は無料

私の場合は、連続してイギリスに滞在していた期間が、2ヶ月半ととても短いので、Pre Settlement Statusを申請しました。
ちなみにSettlement Statusの申請はイギリス滞在が連続して5年以上の人が対象です。

Pre Settlement Statusを申請するために

  • EU Settlement Scheme Family Permitまたは
  • EEA Family Permit

を保持していることが必要です。
(状況にもよるので、ご自身がどのプロセスを通るべきかは、GOV.UKのHPを参照してください。)

ちなみに私の状況をもう一度お伝えすると、夫はEU諸国とイギリスのパスポートの二重国籍を持ち、私自身のイギリス滞在期間は継続して2ヶ月ほどです。

以上のビザを持っていない場合は、まずどちらかのPermitを取得しなければなりませんでした。

EU Settlement Scheme Family Permitの取得についてはこちらのブログを見てください。↓↓

大丈夫!必ず英国ビザ取得できます!!EUSS(Eeropean Settlment Family Permit)取得までの長い長ーい道のり。申請は前もって代行会社への依頼を。MPの存在も知っておこう!〜発行が遅れて困ったら〜
この記事を書こうと思ったきっかけ イギリスのビザ取得に苦労をしているみなさーん! 大丈夫!!もう直ぐです!必ず取得できるので、笑顔を忘れず、もう一踏ん張り、待ちましょう。 本来であれば、3ヶ月で発行されるEUSSのビザが、私は...

Pre Settlement Status申請方法

このブログは私の体験談を時系列で載せているため、余分なことがたくさん書かかれていますが、ビザ申請には、私の状況の場合、紙の書類が必要した。

申請用紙はGOV.UKのお問い合わせフォームからオーダーしてください。

間違った方法で申請していたために、時間が大幅にかかったと言えるところもあるのですが、どちらにせよ、時間がかかる覚悟をしなければなりません。

では、早速始めていきます!

Pre Settlement Status申請から取得まで

10月10日 日本の代行会社に問い合わせ

10月15日 イギリス入国

11月1日 オンライン申請

  • オンラインで必要書類をアップロード

(UAナンバー取得:Unique Application Numberが発行される)

  • バイオメトリックアポイントメントの予約

11月20日 バイオメトリックアポイントメント当日

11月25日 申請受領メール(=審査開始)

2月10日 EU Resolution Center に問い合わせとクレームメール

2月17日 謝罪とプロセス中です、メールが届く

3月1日 紙の申請書が必要と連絡がくる

3月4日 Paper Application Form到着

4月9日 Paper Application Formと必要書類を投函

4月26日 受領レターが届く、パスポートが戻ってくる

5月17日 BRC(ビザ)発行、送りますのメールが届く

5月19日 BRCが届く

日本の代行会社に問い合わせ

10月10日Pre Settlement Statusの申請方法を、とある日本の代行会社に依頼した場合の費用と、取得期間について相談、問い合わせをしました。

  • A会社

通常のオンライン申請ではなく、紙の申請書の郵送申請である。

代行申請料金は£600。

申請を提出してから通常5営業日から長くて1ヶ月で審査されていたが、コロナの影響で手続きは遅れている。

  • B会社

オンライン申請。

代行申請料金は£1000。

コロナの影響で手続きは遅れが予想される。

通常ステイタスを取得後は物理的なドキュメントない。(例外で、これまでにバイオメトリック形式のドキュメントを取得したことがない非EEA国籍者の場合はEU Settlement Scheme申請・ステイタス取得後にはBRC(Biometric Residence Card)が発行される。)

紙の申請書類?ん?!

という部分が良く理解できなかったのですが、そんなに時間がかからなそうなので、自分たちでやってみようと思い立ったのがこの時。
前のビザは半年以上待たされたし、ま、半年なら想定の範囲内かなと。。。

イギリス入国

10月15日、半年の有効期限のあるEUSS Permit(ビザ)を持ってイギリスに入国しました。
日本は第一次ロックダウンの後、一ヶ月間ほど、国外渡航が緩和した時があったんですね。

その後11月にはすぐにまた、日本からイギリスへの渡航が不要不急意外、閉ざされてしまいました。
このタイミングでよく、入国できたなーと思うと、ラッキーだったとしか言いようがありません。
あと1ヶ月EUSS Permitの取得が遅れていたら、私のイギリス入国はいつになっていたでしょうか。。。??恐ろしやー。。。

イギリス入国にはEUSSビザに加え、以下2つを持って行きました。

  1. PCR検査陰性証明
  2. Passenger Lacator Form

★私はEゲートを通って入国スタンプなしで入国しましたが、長蛇の列に並んでも入国スタンプをもらっておくこととをおすすめします。(入国後の必要書類に役立つことが多いからです)
私も後々「入国スタンプもらっておけばよかったー」と思う状況が、多々ありました。。

PCR検査陰性証明

私がイギリスに入国した時期は、まだ日本からイギリスへの渡航に、PCRテストの陰性証明は必要はありませんでした。
しかし、念には念をということで、病院で渡航用のPCRテスト陰性証明英語版を依頼しました。

イギリスには到着したのはいいものの、急遽ルールが変わって、入国できないとかになったら嫌なので。急なルール変更はイギリスなら、超ありえる。。。

A病院

料金35000円

高かったです。ものすごく。。。( ;∀;)

現在は、日本からイギリス渡航の方は全員がPCR陰性証明が義務付けされましたね。(2021年5月現在)義務づけられたことで、もっと安く作成してくれる病院が増えたことと思います。

Passenger Locator Formを登録

GOV.UKのHPにて、イギリス渡航48時間前に、渡航申請をして番号とバーコードをもらう必要があります。

私は日本からヘルシンキ経由でイギリスに入国しましたが、日本出国前も、空港カウンターで申請番号の確認がありました。
経由先のヘルシンキでは、申請していない乗客にはその場で申請させていました。それによって出発が遅れました。義務だと言ってもやらない人っているんですね。。世界には。日本人ではありませんでしたが。。。

現在もこちらのフォーム申請は義務づけられていますね。
イギリス到着後はPCR検査が必須ルールが加わったようです。(2021年5月現在)

Entering the UK
UK border control - passport checks, visas for entering, customs, transiting and layovers.

オンライン申請

11月1日

Apply to the EU Settlement Scheme (settled and pre-settled status)
The EU Settlement Scheme for EU citizens and their families to remain in the UK after it leaves the EU ('Brexit'): who's eligible, how to apply, how much it cos...

上のGOU.UKサイト「Start now」→「Provide your identity」からオンライン申請をします。

必要事項の入力をし、申請してください。
すると、UAナンバー(Unique application  Number)が発行されます。

  • バイオメトリックアポイントメント(指紋登録)の前日までは、申請内容を何度も追加、修正することができます。
  • Pre Settlement Scheme Statusの審査はバイオメトリックアポイントメントが終わった後に開始されます。

オンラインで必要書類をアップロード

申請には

  • Evidence Residence(在住証明)
  • Evidence Relationship(関係証明)

が必要です。

GOV.UKのサイトでは何の書類をアップロードしたかが、一覧で確認できるのようには表示されないので、何をアップロードしたか、覚えておくようにしてください(確かめることができなかったので。)

Evidence Residence(在住証明)

イギリスの住所を証明するための公式書類が必要だったので、以下3点をアップロードしました。

  1. UK Bank Statement
  2. GP Registration Form
  3. NHS Number Registration From
  4. National Insurance Number Registration Form
Evidence Relationship(関係証明)

Pre-settelment status (ビザ)を申請するためのスポンサー(家族:夫)との関係を証明する公式書類が必要だったので、以下6点をアップロードしました。

  1. Marriage Certificate(公式英語訳済)
  2. EUSS Permit
  3. Sponsor(Husband)UK Passport
  4. Sponsor(Husband)National Insurance Card
  5. Sponsor(Husband)EU Passport
  6. Sponsor(Husband)EU ID
他にアップロードしたもの
  1. 顔写真
  2. 日本のパスポート
  3. Work Reference(夫の会社在籍証明)
  4. Eチケットのコピー(渡航履歴を証明するためのもの)

必要ありそうだと思った書類はできるだけ、アップロードし提出しました。

オンライン申請、必要書類をアップロードし提出すると、GOV.UKよりメールが届きました。↓↓

You have submitted your application.
You must book your biometric appointment within 30 days of the date of this email.

If you have not already booked your appointment:https://apply-to-visit-◯◯

あなたの書類は提出されました。30日以内にバイオメトリックアポイントメントをとってください。
バイオメトリックアポイントメントの予約はこちらから〜◯◯。

メールに沿って、バイオメトリックアポイントメントの予約に進みます。

UKVCAS:UK Visa and Citizenship Application Services(Sopra Steria)というサイトに自動で飛ぶことができます。

バイオメトリックアポイントメントの予約

料金:通常無料(私の場合£135)

UKVICAS Sopra SteriaとはGOV.UKの中のUKVI(ビザを管轄している場所)と提携している、指紋認証や書類のスキャンサービスなどを行う場所のことです。日本で言う、パスポートセンターのような場所。そのUKVICAS Sopra Steriaサイトにてアポイントメントの予約をとることができます。

UKVICAS Sopra Steriaサイトの書類アップロード項目に、UKVIでアップロードした書類を全て同じくアップロードしました。
UKVICAS Sopra SteriaのサイトではUKVIと違い、アップロードした書類が一覧で確認することができました。

UKVICAS Sopra Steriaのサイトには以下が書かれていました。↓↓(なんとも紛らわしい)

  • EU Settlement Schemに関してはUKVICAS Sopra Steriaのサイトで書類はアップロードしなくて良い
  • UKVIのサイトで書類をアップロードすれば良い。

案内に「ん?」と思ったのですが、そんな案内は無視します。
UKVICAS Sopra Steriaのサイトでも、全ての書類をアップロードしました。

アポイントメントの予約は30日以内しかできないようになっています。すぐに予約を取りたかったのですが、枠に空きがほとんどなく、無料の場所は全て予約が埋まってしまっていました。

仕方なく、£135を支払い、書類とスキャンサービスあるアポイントメント会場を選択。

UKVICAS Sopra Steriaで予約が完了するとQRコード付きの予約表が送られて来ます。アポイントメント当日に持参します。

バイオメトリックアポイントメント

11月20日、指紋、写真、署名の登録です。

私はLondon Briageの近くの会場を選びました。帰りにロンドンっぽい街を眺めたくて。。
予約は朝9時。15分前に、到着するように、と注意があったので、日本人の私は40分前に到着。極寒の中待たされました。
そして、入れたのは9時5分。おいおいおい!15分前って言ったよね?怒

持ち物は予約表と、パスポート。

  • 予約表とパスポートのスキャンをしたあと、写真(BRCのため)と指紋と、パスポートと同じサインを登録。

前もって、UKVIとUKVICAS Sopra Steriaに全ての必要書類をアップロードしていたので、追加でスキャンする必要なものはなく、その場でスタッフが私のアップロード書類を全て確認していました。15分ほど。

  • UKの住所を口頭で確認。

30分間のアポイントメントが終了。

これから審査が始まるから、結果が出たら、メールまたはレターでお知するよ。

鶴子
鶴子

この後私、パスポート送る必要がありますよね?

No No Noこれで全て終了だよ。あとは結果を待つだけだから、UKVIからのメールかレターを待っててね。

申請受領メール

11月25日、バイオメトリックアポイントメント登録後GOV.UKから申請の受領、審査開始、就労についての内容のメールが届きました。↓↓

This certificate of application confirms receipt of your application under the EU Settlement Scheme. You will receive a notification of the outcome in due course.

We will contact you if we need any further information in order to process your application.

A person who has applied under the EU Settlement Scheme may already have a right to work in the UK on the basis of EU law.

If a non-EEA family member does not have a biometric residence document, you can request information about their right to work by using the e- form which can be found at: www.immigrationstatuscheck.service.gov.uk/employers/.

Further information about the Employer Checking Service can be found at: www.gov.uk/employee-immigration-employment-status.

Yours sincerely,
UKVI European Casework

EU Settlement Schemeの申請において必要書類を受領しました。まもなく結果通知がでるでしょう。申請に必要があればこちらから、追加連絡をします。

EU Settlement Schemeの申請者は、EUの法律に基づき、すでにイギリスで就労ができるかもしれません。EEA諸国の出身でなく、バイオメトリックのレジデンスカード持っていない場合、以下のサイトから就労権のリクエストをすることができます。

また以下のサイトから、就労が可能かを確かめることができます。

受領メール、よかった〜。やっと審査開始!

一体、何日かかるのでしょうか。。。

辛抱強く待つことにします。

EU Resolution Center に問い合わせ

2月10日、Pre Settlement Statusは「通常、営業5日から一ヶ月で可能」とGOV.UKのサイトには書いてありますが、申請開始メールをもらってから、すでに2ヶ月半が経過していました。
予想通りのお待たせれぶりです。笑

その間にイギリスは第二次ロックダウンに突入。イギリスの国境は閉まりました。

街のあらゆるお店もクローズし、国民のほとんどがステイホームになりました。

コロナのロックダウンにまたまたぶち当たっている私ですが、そろそろどうなってるのか問い合わせをしてみます。

EU Settlement Resolution Centre Telephone: +44 203 080 0010

Monday to Friday (excluding bank holidays),
8am to 8pm Saturday and Sunday, 9:30am to 4:30pm

  1. 1日目の電話:1時間つながらない。どういうことだ?こりゃクレームもんだぞ!!受話器外してんのかしら?その日は諦め。。。
  2. 2日目2回目の電話:知恵のついた私は、1時間電話を鳴らせ放し状態に。すると、1時間10秒後につながる。

2日間1時間以上待ち続け、繋がったのは良かったのだが。。。

 

鶴子
鶴子

やっとつながりましたね!1時間しないと電話に出ないなんですね?

ところで私のビザの進捗どうなっとるんですか?

UAナンバー(参照番号)を教えてください。

鶴子
鶴子

◯◯◯です。(ドキドキ、ワクワク)

あーあなたのビザですね。

プロセス中です!

もう少し待っといてね!

 

。。。。。。

だけ?!

ってそれだけっ?!

 

鶴子
鶴子

早くしてくださいねっ!?お願いだから。

ちなみにEU Resolution Centerは1時間の電話をならさないとオペレーターと繋がらないので、辛抱強く待ちましょう。
1時間も電話で待たされるとか、日本ではクレームもんですよね!

役所で1時間以上電話が繋がらないとか、どうしようもないですね。(日本では給付金の件か何かで45分市役所の電話を待たされた人がどっかでニュースになっていましたが、、イギリスは1時間以上が、あたりまえ化しています。)

1時間以内で繋がったあなたは、ラッキーでしたね!!ついています!!笑

散々待たせておいて、この塩対応。何度も体験しましたけど、慣れません。やっぱり今日もイラつきました。

なんなのでしょう、この感じ。。。(−_−;)

ASK Questionにクレーム

でも、やれることはありますよ。色々と。
こちらもだてに待たされる経験を繰り返してきたわけではありません。。。

昨日の電話でプロセス中であることを確認し、一喝言った後には、もちろんクレームメールを送りました。

以下に連絡↓↓

Ask a question about applying for settled status – GOV.UK

ページ通り進み、入力をするとメールが送られますので、お試しを。

こんなメールをお送ってみました。しかも、うざ目の長文にて。↓↓

プロセスに時間がかかりすぎているため、これ以上かかるようでしたらMP(市議会議員)に助けを求めます。迅速な対応期待します!

そのあとは、いつも通りの自動メールにて「営業5日以内に返事を致します。」という返事が返ってきました。

さて、どうでしょうか?
見てみましょう。

また待たされるのですね。。。

プロセス中ですの回答メール

2月17日、案の定、営業5日以上かかりましたが、謝罪と審査中である内容の返信が返ってきました。↓↓

We understand that you have not received any updates about the progress of your application.We apologise for any inconvenience caused by this and appreciate your patience and understanding at this time.
We can confirm that your application has been submitted successfully.
Your case is currently under consideration. You will be notified if any additional information is required or else to inform you when a decision has been made.

あなたのビザプロセスの内容が更新されておりませんことを、認識しており、ご迷惑をお掛けしてしております。あなたの申請書は確かに、提出されていることが確認できており、ただいま審査中です。追加情報や更新がありましたら、お知らせ致します。

返事が返ってきて、「確かに存在している」という回答だけでも安心できました。

あー。
よかった、、どっかに葬り去られてなくて。。

「紙の申請書が必要」と連絡が入る

3月1日、突然EU Resolution Centerから電話がありました!

鶴子
鶴子

もしもし。

鶴子さんですか?EU Resolution Centerです。

鶴子
鶴子

はいそうです。鶴子です。私のビザに進展ありましたか?

いえ。進展ではなくて。。あなたの申請には紙の申請用紙の提出が必要ですので、それを提出してください。

鶴子
鶴子

え?そうなんですか?!

だから、進んでなかったんですか?!!!

そうですね、恐らく。。

ところで、ご自宅に2週間ほどで、書類をお送るのでそれを提出してくださいね!審査はその後からになります。

鶴子
鶴子

え?2週間もかかるんですか?また待たされるんですかー?

2週間とかじゃなくて、すぐに送ってください!!お願いします!!

私、もう待たされ続けて◯ヶ月なんですよ。お願いだから!
一刻も早く書類送ってください!!

。。。。

わかりました。頑張ります!!

何やら動きがありました。なんとこの申請、紙の書類が必要だったんです!!!!!(私の状況でPre Settlement Schemeを申請する場合は、、、です)

紙?

紙?

紙?!

どこかで聞いたような、、紙の書類のこと。。。

!!!!

日本の代行会社の人がそう回答してくれていたことを、ようやく思い出しました!

でもGOV.UKのサイト、あまり詳しくはそちらに触れていないのです。
とても紛らわしんですよね。ものすごくわかりにくい。

EU Settlement Scheme Version 11.0にこう書かれています。↓↓

To make a valid application, a family member of a relevant naturalised British citizen must apply using the relevant paper application form.

(EU国籍及び)英国籍を持つ家族のメンバーの申請は、紙の申請書がマストです。

あー。

そうだったんですね。
というのも、私はオンラインの申請を済ませれば良いと勘違いしていたんです。

申請前に日本の代行会社の人が、「あなたの場合は紙の申請だよ」と教えてくれていたことに「???」と感じながらも、申請を進めて行く中で、でもこれで多分あっているだろう、、とここまできてしまいました。
そして、間違った申請方法のまま、ただ月日が流れました。申請してから4ヶ月、進まないの当然ですね。

トホホ、また、先延ばしになりました。

でも、バイオメトリックアポイントメントの人、何にも、教えてくれなかった。多分彼は何にも、知らないのでしょう。いい加減だから。

「遅い!MPに頼む!」ってHome Officeにクレームをしてやっと、申請方法が間違っていたことを教えてくれたのでした。

問い合わせフォームから紙の申請書を催促

電話で直接、紙の書類を頼んだだけでは信用できないのがイギリスです。なんせ、いい加減ですからね。そして、主張をしないと放置されます。

何度念には念を押したでしょうか?笑、怒( ;  ; )

こちらの問合せフォームから、もう一度、紙の申請用紙を送るよう依頼しました。↓↓

Ask a question about applying for settled status – GOV.UK

紙の申請書おくれ。

一刻も早く送っておくれ〜と。

ひつこいくらいやらないと動いてくれない。
強く主張をした者のみ前に進める。
イギリスでの生き方がすこーしわかってきたように思います。

紙の申請用紙が届く

3月4日、自宅にPaper Application Formが届きました。
「2週間くらいで」と言っていたのにも関わらず、ものすごく早く到着しました!

クレームの力恐るべしっ!

できるじゃないか!? イギリスのHOME Office!!

2度手間ですが、仕方がないです。
やりましょう。書きましょう。送りましょう。

ページ数にして50ぺージ程の、かなりヘビーな書類が届きました。↓↓

何枚書かせるねんっ!!

Paper Application Formと必要書類を投函

4月9日、Formの内容はというと、オンラインで申請した時とほとんど同じ内容を、手書きする必要がありました。やれやれ。。。

名前、住所、パスポート内容、NIナンバー、ビザスポンサー(夫)などについてです。

オンラインの申請と違った点は、ビザスポンサー(夫)のUKでの職歴を過去3社分記入する必要がありました。会社名、ポジション、給料額、入社日と退社日。詳しく書く欄が設けられており、書けるだけの情報を夫に記入してもらいました。

送ったものは以下になります。

  • Paper Application Form(必要事項を記入)
  • 私と夫のパスポート原本
  • 提出書類のコピー(渡航歴のわかる全てのEチケット、私と夫のBank Statement、私と夫の雇用証明、オンライン申請にアップロードしてきた書類全て)
  • プリペイド封筒(夫の会社に届くように、前もって支払った返信用封筒)

パスポートの原本を送るなど、不安でしょうがなかったのですが、送らないと審査してくれないそうなので、仕方なく、送りました。

きちんと戻ってくることを願って、郵便局の窓口へ持っていき、一番安心できる追跡保証をつけて投函。

受領レターが届きパスポートが戻ってくる

4月26日、夫の職場に二人のパスポートと申請受領レターが届きました。

あー、パスポート帰ってきてよかった。
まずは一安心です。

日本の郵便局より信用のできないイギリスのRoyal mailですが、無くならずに戻って来てよかった。。本当によかった。。
2週間くらいで戻ってきたと思います。

BRCを送りますのメールが届く

5月17日、HomeOfficeより以下のメールが届きました。↓↓

Your biometric card has produced and will be delivered soon.

まもなくあなたの元へBRCカードが到着しますわよ〜

のん気なメールのようにも聞こえました。
が、その数分後に宅配業者よりメールが↓↓

We tried to deliver your UK Visas & Immigration item today and were unable to post your item as we need a signature from you.

Please visit○◯in order to rearrange delivery.

今日お届けにあがりましたUKビザのアイテムなのですが、あなたのサインが必要です。(不在でした。)再配達はこちらのURLからお願いします。

Home Officeのメール、せめて何日か前に送ってくれませんかね?
送ってくれたら、多少の心づもりができるんですがね。。。

最後までとことん勝手ですね。

あれだけ引きずっておいて、待たせておいて、あなたの欲しいもの送ったよーん、居なかったから、再配達アレンジしてねーんって、なんていい加減なのでしょうか。

何度もこんな目に合っているのに慣れません、この適当かついい加減な人たち。

こんな対応が当たり前と思える悟りの未来が、私にはやってくるのでしょうか。。。

突然送っておいて、自宅にいるわけねーだーろーんって感じです。( ´ ▽ ` )怒
そんなに暇しているわけじゃないんですよ。笑

でも仕方ないです!
もちろん再配達のアレンジをします!

Pre Settlement status (=BRC)到着

5月19日、朝からワクワクです。

ピンポーンっ。

Have a Lovely Daaaaaa〜y!!!!

本人確認をした後、宅配業者のお兄さんが待ちに待った封筒を渡してくれました。

なかなかのlovelyな日になったのでした。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

まとめ

今回も大幅に予定を遅れ、遅れ待ちました。いや、待っていません、放っておきました。

そしたら、7ヶ月ほど経過するはめになりました。
申請する前に、日本の代行会社に「紙の申請をする必要がある」と言われていたものの、少し疑問に思いながらも、自分たちのできることを進めていった結果、かなりの遠回りをすることとなりました。

GOV.UKのサイトは本当に、不親切ですね。いつも。

わかりにくい。

自分たちでやってみて、結果的に取得できたから良かったのですが、やはり代行会社にお願いする、という選択肢は今後も持っていきたいと感じました。

ハラハラ、ドキドキより、安らかな気持ちで、ビザを待ちたいものです。

イギリス生活においては、ビザ申請を通して、コツを掴んできたこと、知恵がついてきたようにも思います。

また自分でそれほどお金をかけずに、ビザを取得できることもわかって、よかったです。

取得のための方法は数少ないですが、きちんとそこにありますので、どうか諦めずにGETまで突き進んでいってください!!

この備忘録が、誰かの役に立つことを願って^ ^

おわり

コメント

  1. なつみ より:

    鶴子さま
    前々回のブログでコメントさせていただきましたなつみです。
    今回もとても参考になるブログありがとうございます。
    こちらは、2回目の申請をして早2ヶ月以上経ちました。3週間前にHome officeからdecisionは出たから東京のVISAセンターからcollectionのメール待ってねと連絡が来たきり、音沙汰無しです。Home office にいつ送ってくれるかメールしましたが、スケジュールはありませんと言われ。待つしかない状況です。>.<
    も〜本当に放置ですね。
    まだまだ先が見えなくて挫けそうですが、鶴子さんのブログを何度も読み直して負けないぞ!と思っているところです。ありがとうございます!

    • 鶴子 より:

      なつみさん
      今回も読んでいただきありがとうございます。
      少しづつですが、ご状況が進んでいてよかったです。
      やるべきことやられていると思うので、本当に待つしかないかようですが、時間が解決してくれることでもあると思うので、ファイトです。
      イギリスはやっと夏が来たという感じで、ロンドンの中心地も賑わって来ましたよ。
      日本のコロナ状況はあまり良くないみたいですが、いち早くなつみさん家族が渡航できますように!!

  2. みかん より:

    初めてのコメント、失礼致します。
    非常に参考になるサイト、ありがとうございます。
    私も、EUSS family permitからPre Settles Statusへの切替申請中です。
    Pre settledの審査が案の定長引いており、family permitの滞在有効期限(6ヶ月)を越してしまうのではないかと懸念しております。
    この場合、一回日本へ戻らなければならないのでしょうか。。
    何かご存知でしたら、ご共有頂けると大変助かります。宜しくお願い致します。

    • 鶴子 より:

      みかん様
      こんにちは。
      family permitの滞在有効期限(6ヶ月)の間にPre settledの申請を済ませているのであれば、family permitの滞在有効期限が切れてしまっても、問題はありません。日本に帰国しないで大丈夫です。
      Pre settleの申請では、パスポートをHome Officeに送る必要があり、手元にない状態だと思いますので、物理的にも帰国はできないですよね。
      Pre settledの審査が長引いているとのこと、状況をお察ししますが、気長に待ってみてください。
      時間があれば、EU Resolutionセンターという場所にひつこく電話をしてみるのも良いと思います。
      書類に不備がなければ必ずゲットできますので、大丈夫ですみかんさん!!
      早く結果が届きますように〜!!願ってます!!

タイトルとURLをコピーしました